子供のいる家庭でも出来る簡単な節約術を紹介します

私のしてる節約術はお子さんのいてる家庭向きの方法です。

まず一つ目は電気代です。
子供がおらず一人暮らしや共働き家庭なら、電気代の節約にはプラン変更が有効なんです。
調べてみるとわかりますが、昼の電気使用料は高く夜は安い、こういうのがあるはずです。
しかしお子さんの居てるご家庭だとそんなわけにもいきませんよね。
仮に小学校に通う年齢になっても帰宅するのは午後2時や3時なんですから、有効な節約術にはなりません。
そこで私は電力会社自由化を機に、電力会社を変更しました。
これなら昼に子供が電気を使い、夜に私が電気を使っても問題ありません。

今までの電力会社じゃないと不安じゃない?って感じる人もいると思います。
電気は重要なライフラインですし、少しばかりの安さより安定を取った方がって思う方も多いでしょう。
しかし実は電力会社を変更しても、電力供給システムは同じなんです。今までと何ら変わりません。
ご家庭で使用した電力を、契約新電力会社が補填するだけなんです。ですので支払い先が新電力会社に変わるだけで、安定性は以前とまったく変わりません。
地域差やセット割引の有無でどの電力会社がベストかは変わってきますが、私はこれで年間の電気代を約1万円節約できてます。

次に節約してるのは買い物です。
子供がいると気軽に買い物もいけないんですよね。
移動は車なのでガソリン代はかかりますし、目を離すと危険ですし、アレ買ってコレ買ってとダダをこねるので無駄に時間もかかります。
そこで私はネット通販で出来るだけ購入するようにしてます。

ここで気をつけてるのはまとめ買いです。
というのも、ネット通販って当然ですが送料がかかります。
少量ずつ買うと送料が大変ですし、送料の安いとこがあったとしてもそういうお店は商品の価格に送料が上乗せされて高くなってるのでお得ではありません。
そこでティッシュやトイレットペーパーといったかさ張る物や日用品・消耗品と一緒に食料品を購入します。
一定金額以上の買い物だと送料無料になるってところは多いんですよね。
私のよく買うところは2000円以上で送料無料になります。
ネット通販で購入出来るものはネット通販で、ちょっと食料を買うだけの時は地元のスーパーにと買い物の仕分けで節約するようにしてます。

どちらもお子さんのいてる家庭の方が有効な方法ですし、毎日意識しなくても出来る簡単な方法なのでもし実行してな方は一度試してみてください。